ページを選択

エミリオプッチ

EMILIO PUCCI

創立者はエミリオ・プッチ(Emilio PUCCI)。エミリオ・プッチは1914年、イタリアのナポリに生まれる。1947年、高校時代オリンピックのスキーチームの選手だった彼は、自分でデザインしたスキーウェアを雑誌「ハーパース・バザー(HARPER’S BAZAAR)」に掲載し、人気を博す。以後、同誌から女性用の冬服を依頼され、ニューヨークで売り出される。その後も各国のセレブに上品なプリントが受け入れられ、「プリントの王子(Prince of Prints)」の異名を持ち、衣服やカーペット、アポロ15号使節団のロゴ等々まで手がけ、30年以上もの長きに渡って不動の地位を築く。
 抽象的とも幾何学的とも表現し得る独特のテキスタイルプリントのシルクジャージ素材は、日本においては「プッチ柄」と称され、あまりにも有名である。
プリント柄でエレガンスを表現することに成功した、数少ないデザイナーのうちの1人であるといえる。

ITEM

近日入荷予定

Pin It on Pinterest