ページを選択

皆様、こんにちは。

アレッタの中村です。

久しぶりにブログを書きます。(笑)

ここ数日急に肌寒くなってきて、いきなり冬の雰囲気に変わってきましたね~。

今年も秋がなかった印象なのは、私だけでしょうか?

といっても暦ではもう11月ですから、寒くなるのは当たり前といえば当たり前なんですが。

そんな中ふとお店の外に目をやると、アレッタがある博多座の周辺には、たっくさんの人だかりが…

「公演は数日前に終わって、今は何もやっていないのに」と思いながら、
所要で近くの上川端商店街に立ち寄ると…

こちらも何かたくさんの人出が。

中には警察官の方や、警備の方まで物々しい雰囲気です。

その理由は…

そうです。 TVでも取り上げられていたイベントです。

歌舞伎の公演前に行われる、「 御練り 」がある日だったんですね~。

ちなみに「 御練り 」というのは、

「歌舞伎といった伝統芸能において、役者さんが一定の距離を関係者の方と行列して歩き、公演の宣伝などを行う事」 です。 *一部 Wikipediaより。

毎年行われる、歌舞伎役者さんによる「船乗り込み」も御練りの一つなんです。

11月の3日から博多座で上演される、十一月花形歌舞伎「 あらしのよるに 」。

そのプロモーションで、役者さんが勢ぞろいされる!

そうです、これで盛り上がらないワケがありません!

主演を務められる 中村獅童さんや尾上松也さんを、目の前で見れるチャンスですからね~。

というわけで、用事も仕事もほっぽって‼

それどころか、他のスタッフにも連絡し、思いっきりミーハーしてみました。

時間的にタイミングも良かったのか、その場で待つ事10分。

ほどなくして、櫛田神社から上川端商店街を抜けて、ついに役者の皆様が目の前にやってこられました!

大歓声の中、中村 獅童さん、尾上 松也さんら出演者9人が登場です。

さすが役者さん、醸し出すオーラが違います。

さすがの貫禄です。

沿道からは「萬屋」 「音羽屋」の掛け声が響き、盛り上がりも絶好調へ。

そして沿道のファンに手を振りながら、皆様は博多座の方へ。

ちなみに、この日沿道に詰めかけたのはファンは3,000人だったそうです!

博多での歌舞伎人気が伺えますね~。

大勢の人が集まる中、役者さんによる口上もあって、大盛況でした。

普段あまり歌舞伎を拝見する事がない私ですが、こういう機会に役者さんを身近に感じると「観てみようかな~」と思います。

今までついつい敷居が高く感じてしまって、観劇してなかったんですよね~。

ですが、今回の舞台は新作歌舞伎で、原作は「あらしのよるに」という絵本だそうです。

以前アニメで映画にもなりましたよね。

あらすじは、嵐の中で出逢った狼のがぶと山羊めいが、“喰う” “喰われる”という関係を超えて、ひみつの友達となる
というお話で、小さなお子様でも楽しんで観劇できるお話だそうです。(博多座関係者談)

歌舞伎初心者の私が観ても楽しそうですよね~。

…観に行こう。

現在、アレッタにはイタリア買付の新作商品が多数入荷中です。

11月6日(火)からは、創業65周年を記念して感謝祭も開催いたします!!

博多座で「あらしのよるに」を観劇された際には、ぜひお店にも足をお運びくださいませ。

新作のブランドアイテムがMAX60%OFFでお買い物いただけるのは、福岡ではアレッタだけ!
かもしれません。(笑)

皆様のご来店を心よりお待ちいたしております。

 

ブログを読んで頂いて、ありがとうございました。

Pin It on Pinterest

Share This