ページを選択

こんにちは、アレッタ by サンエーの中村です。

早いものでもうすぐ6月になろうとしていますね~。
6月といえば、本格的な夏目前の「梅雨の蒸し暑い!!」というイメージの方が多いのではないでしょうか?

ですが、この博多座の近辺では、梅雨以外にも「6月といえば…」でイメージをするものがあるんです。

それが、6月2日から上演される 「 六月博多座 大歌舞伎 」です!

 

「六月 博多座 大歌舞伎」は、毎年博多座で上演される歌舞伎の公演で、有名な歌舞伎役者さんたちが、約一か月にわたって素晴らしい舞台を魅せてくれる、歌舞伎好きな方にはおなじみの「待ちに待った」公演なんです。

今年は松本幸四郎 改め 二代目 松本白鸚さん、市川染五郎 改め 十代目 松本幸四郎さんの、親子襲名披露公演が上演され、福岡以外のメディアでも取り上げられていたので、「あ~、あれね!」という方もいらっしゃると思います。

二代目白鸚、十代目幸四郎として初めての博多座という事で、大いに盛り上がっている公演なんですよね~。

私も時間を作って観に行きたいと、現在勤務表とにらめっこ中です。(笑)

ですが、皆様の中には

「観に行きたいけど、時間がない!」、
「来月はスケジュールがいっぱいで…」といった方もいらっしゃると思います。

そんな、「役者さんを一目見たい!」と切に思ってらっしゃる方に朗報があります。

明日 5月30日の13時から、

「 船乗り込み 」が催されます!!

もう皆さま、「 船乗り込み 」の事は良くご存じだと思いますが、カンタンにご説明を致しますと …

六月博多座大歌舞伎の出演者の方が船に乗りこみ、キャナルシティ博多横の清流公園から博多リバレインまでの約800メートルを、三味線や鼓といった鳴り物とともに下りるイベントの事で、興行が行われる際に歌舞伎役者さんが、「ご当地到着」を船に乗ってお披露目するという、歌舞伎特有の行事になります。

古くは江戸時代まで遡る歴史ある儀式で、万が一雨の場合でも、船乗り込みの代わりに歌舞伎役者の皆さんが、川端商店街でお練りしていくそうです。

スケジュールは、
13:00~ 式典(キャナルシティ)
13:25~ 乗船(清流公園船着場)
14:00~ 下船(フェスタ・スクエア)
14:15~ 式典(フェスタ・スクエア)   の予定で進行され、しかもお代はかかりません(笑)

普段お目にかかれない役者さんたちを近くで拝見できる、またとないチャンスですよね!

当日は、式典の行われるキャナルシティと、博多リバレインで出演者の方々による挨拶も行われ、川端ぜんざい広場前では、 狂言名題を読み上げる「口上」もあるそうですよ。

歌舞伎にそんなに興味がない方でも、歴史や伝統に触れる良い機会になりそうですよね~。

楽しそうです♪

今日は朝から、オークラとリバレインの広場で、多くの方がその準備に追われていらっしゃいました。

事故がないようにしっかりと設置されている様子です。

昨日は雨の中、博多川の清掃も行われていましたよ。

 

携わった関係者の皆様、本当にお疲れ様でした。

皆さま、明日のご予定はお決まりですか?

天候は快晴とは言えない雲行きのようですが、雨の予報になっておりません。

お時間あれば、博多の初夏の風物詩になった「 船乗り込み 」を見学に来られませんか?

その際は、ぜひアレッタにもお立ち寄り下さい。
冷たいお飲み物もご用意致しております。

きっと明日の川端周辺には、「高麗屋~!!」の声が鳴り響き、舞台でしかお目にかかれない 華やかで、心が浮き立つ瞬間に立ち会えるのではないでしょうか?

私も今年の「船乗り込み」楽しんで見学したいと思います!

 

「 高麗屋~!! 」

 


最後までブログを読んで頂いてありがとうございました。

PDFのダウンロードはこちらです♪

Pin It on Pinterest

Share This